ストレスはなぜ抜け毛や薄毛になりやすいのか?抜け毛の原因追求!

発毛技能士ブログ
2018.7.28

皆さんこんにちは!

スーパースカルプ発毛センター行橋店の垣副です!

 

いつもお読み頂本当にありがとうございます。

 

前回の記事では、

抜け毛の原因は、生活習慣にあるという記事を書かせて頂きました。

 

前回の記事(おさらい)はこちら

https://ss-yukuhashi.com/blog/hair-growth/327/

 

その中で、

抜け毛になる原因が、

ストレス、睡眠不足、食生活、タバコにあると

おおまかに説明させて頂きました。

 

今回は、その中のストレス!

 

このストレスが抜け毛とどのような関わりを持っているのかを

しっかりと調査していきたいと思います。

 

なぜストレスは抜け毛の原因なのか?

 

まずは、ストレスと抜け毛の関係性がどこにあるのかをしっかりと

見ていきましょう。

 

①ストレスは血行不良になる

 

ストレスが、抜け毛と関係があるのは、ストレスによって血行不良を

招いてしまうことです。

実は、体内の血の流れは自律神経と深く関係を持っており、

ストレスを感じる事で、自律神経が血管を収縮させてしまうのです。

髪の毛を作っている毛根は、血液を通して栄養を吸収するのですが、

ストレスによって、血行が悪くなることで髪の毛へ大切な栄養が届かなくなることで

髪の毛が栄養不足となり、抜け毛の原因となるのです。

 

②ストレスは頭皮環境を悪くしてしまう

 

ストレスを感じると自律神経が乱れてしまう為、

アドレナリンが多く分泌されてしまいます。

このアドレナリンによっては。頭皮にある皮脂腺に皮脂が過剰に分泌され、

毛穴が詰まってしまう恐れがあるのです。

皮脂で毛穴がふさがれてしまうと頭皮が炎症を起こしてしまい、

頭皮環境が悪化してしまうのです。

その頭皮環境の悪化が、健康的な髪の成長を妨げてしまうことで、

抜け毛の原因となっているのです。

 

③ストレスは、睡眠不足の原因の一つ

 

ストレスを感じると、なかなか睡眠が取れない状態となります。

これは、やはり自律神経の乱れによるものですが、

寝てもすぐに目が覚めたり、変な夢を見て寝れなくなるなど、

ストレスは睡眠不足の原因となります。

 

睡眠不足となると、睡眠中に分泌される成長ホルモンが少なくなってしまいます。

 

この成長ホルモンが分泌されやすい時間帯が

22:00~02:00の4時間と言われています。

この4時間をシンデレラタイムと呼ばれています!

 

成長ホルモンは、髪の毛や爪など体の部位を成長させるための

大切な要素なのです。

睡眠ができないとこの成長ホルモンが少なくなることで

抜け毛の原因となっているという事なのです。

 

 

まずは、

ストレスをためない、

ストレスを発散することなどをしっかりと考える機会だと思います。

 

人間には、ストレスがつきものであり、

会社や友人関係、家族のなかでもストレスは感じるものです。

 

その分、思い切り趣味をするなどして、

まずは、ストレス解消方法を探していきましょう!