女性のAGA化!FAGA(女性男性型脱毛症)は何が起こっているのか?スーパースカルプ発毛センター行橋店

発毛技能士ブログ
2019.5.21

皆様こんにちは(*^^*)

スーパースカルプ発毛センター行橋店の公式ブログにお越しいただき有難うございます。

福岡で薄毛の治療はスーパースカルプ発毛センター行橋店へ(*´▽`*)☆彡

大分県からの発毛コースご利用のお客様も多く来店されています。

頭皮のトラブルやお悩みがもしございましたらお気軽にご相談ください。

 

LINE会員登録で㊙情報提供中!詳しくはこちらをクリック

男性の多くの方が悩まされているAGA(男性型脱毛症)

しかし、最近では男性のAGAと同じように女性でも悩まされるFAGA(女性男性型脱毛症)が増えてきています。女性を悩ませる脱毛症の中で約50%がこのFAGAとも呼ばれるほどです。

そこで今回は、AGAになった場合、髪の毛で何が起こっているのかを説明させて頂きたいと思います。

 

ヘアサイクルの中で、

髪の毛は成長期で伸びていきますが、AGAでは、この成長期が休止期にとどまってしまう毛包が多くなると考えられています。

普通のヘアサイクルでは、男性が3年~5年、女性は4年~6年です。

しかし、AGAではこの成長期が短くなることで髪の毛が充分に成長できないまま、

太く長く成長できないまま抜け落ちてしまうのです。

また成長不足で細い軟毛になる軟毛化が起こることで、髪の毛がすごく細くコシのない柔らかい毛になってしまいます。

こういった減少が進めば進むほど、

毛包自体が小さくなり、ヘアサイクルが高回転で回ってしまうような、

非常に短いヘアサイクルとなってしまいます。

その短いヘアサイクルが薄毛に見えるようになります。

そんなAGAの原因に関わっているのが「男性ホルモン」です。

ここで勘違いして欲しくないのが、男性ホルモンが単独で薄毛を引き起こしているわけではないという事です。

毛包の中にはある、

5aリダクターゼという酵素が存在します。

この男性ホルモン(テストステロン)は毛細血管を循環しているのですが、

5aリダクターゼと毛乳頭部分で出合い結びついてしまうことで、ジヒドロテストステロンという物質が生成されます。

このジヒドロテストステロンこそが薄毛や抜け毛の原因物質です。

ここで女性は疑問に思った方もいると思いますが、

女性にも男性ホルモンは存在します。

また、FAGAは40代以降の方がなりやすいのですが、

20代の女性でも起こります。

加齢とともに、

女性ホルモンが低下するうえ、更年期によって更に女性ホルモンの分泌が減少することで、

相対的に男性ホルモンが優位に働いてしまうのが原因だと言われています。

 

こう考えてみると、

抜け毛が増え薄毛になっている方は早めの治療が大切ですが、

以前よりも髪の毛が細くなってきているという方は、

AGAや何らかの脱毛症の始まりだという事です。

 

少しでも髪の毛が気になっている方は、

まずはお気軽にお問合せ下さい。

メールからお悩みだけでもお待ちしております。

 

お試し体験コース

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スーパースカルプ発毛センター行橋店
住所:〒824-0031
福岡県行橋市西宮市5丁目2‐1
行橋・久留米・下関・下曽根・苅田・みやこ・築上・豊前・上毛
吉富・中津・宇佐
福岡県全域、北九州市、京都郡、大分県から発毛コースご利用のお客様がいらっしゃいます!
20代前半から60代後半までの男性女性に幅広くご来店して頂いております!
完全予約制ですので、安心してお越しいただけます!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇