髪の毛を生成するための大切な栄養素!薄毛や抜け毛が気になる方へ

栄養士の発毛レシピ
2018.8.5

 

いつもありがとうございます!

スーパースカルプ発毛センター行橋店の
発毛技能士であり、栄養士の垣副梨絵です。

本当に暑い日が続いていますね。
ここまで暑い日が続くと食欲がなくなりますよね。
しかし、しっかりと水分と栄養補給は行ってください。

さて、今回は料理レシピではないのですが、
薄毛の方々や抜け毛が気になる方々へ、
どういった食材が良いのかをおさらいしていきたいと思います。

もちろん、
薄毛や抜け毛で悩んでいる方々は、
好きな食べ物があると思いますが、
これからお伝えする食材を頭の中に入れ、
しっかりと摂取して頂けたらと思います。

 

先日、発毛技能士の垣副がお酒(アルコール)と

薄毛や抜け毛の関係を挙げています。

少し食に触れることでしたので、

こちらにも掲載しますね。

お酒が薄毛や抜け毛を作る原因とは?

それでは、本題に入っていきたいと思います。

まず、髪の毛を主要成分は、
タンパク質です!

タンパク質は、髪の毛の主要成分ですので、
育毛に欠かすことができない成分となります。

もちろん、肉や魚にも動物性たんぱく質が含まれているのですが、
髪の毛に良いタンパク質は、植物性たんぱく質が良いとされています。

植物性たんぱく質は、過剰な男性ホルモン(テストステロン)の
抑制するイソフラボンが多く含まれてるので、
大切な成分です。

このイソフラボンが主に含まれている食材が、
大豆となります。


大豆の食材を見ていくと、
納豆豆腐などがあげられますね。

次に髪の毛に大切な成分は、
ビタミンです。
ビタミンというと幅広いのですが、
ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE
必要で、たんぱく質の吸収を促進させ、
更に血流が良くなることで頭皮環境を整えてくれるのです。

代表的な食べ物だと、
ビタミンA:緑黄色野菜
ビタミンB:青魚、レバー、ウナギ、豚肉、ナッツ
ビタミンC:アセロラ、ピーマン、パセリ
ビタミンE:落花生、モロヘイヤ、抹茶

次に亜鉛です!
亜鉛は、たんぱく質を髪の毛に構成していく役割がある
大切な成分となります。
たんぱく質を沢山とっても亜鉛が不足していると、
髪の毛の成長を妨げてしまうので、しっかりと亜鉛を
取り入れることをおすすめします。

食材としては:ウナギ、牡蠣、牛肉などになりますが、
牛肉の場合は、脂が多いのはさけることと、
大量に食べ過ぎないことです!

次に必要なのが、
血液をサラサラにすることです。
大切なことは、
血流改善です!

血液がどろどろの状態では、
髪に必要となる栄養素を運ぶことができずに、
髪の毛が弱ってしまいます。

血流をサラサラにする食材として、
玉ねぎやニンニクです!

逆に血液がどろどろになってしまう食材としては、
脂の多い肉類、バターや乳製品、インスタント食品などが
挙げられます。

夏場になると暑さの影響で

食欲がなくなり、栄養補給ができなくなり、

体調を壊す人が増えてきます。

そうなると、もちろん血流の流れも悪くなりますので、

玉ねぎをスライスして、

さっぱりと少しドレッシングをかけて、

玉ねぎサラダとか、

弁当を買うなら、納豆巻を買うなど、

今回掲載させて頂きました、

食材を意識して頂けましたら幸いです!

本日も最後までお読み頂きまして、

本当にありがとうございます。