光線と健康⑥メロトニンとセロトニン

発毛技能士ブログ
2018.10.6
友だち追加

《友だち追加情報配信中!!》

 

いつもありがとうございます。

行橋駅を西口にでてまっすぐ徒歩10分の発毛サロン、

スーパースカルプ発毛センター行橋店の垣副です。

SS療法で使用しているSSライト(人工太陽光線)光のエネルギーについて、

紹介させて頂いている光線と健康シリーズも第6回目となります。

実は、お客様が来店されてこの光線と健康を読んでくれたのかお伺いすると

ほとんどの方が読んでいないとの事で寂しいシリーズになりますが、

人間と太陽光線との密接な関係を知ることは非常に大切なことですので、

本日も最後までお付き合い頂ければと思います<m(__)m>

まずは、前回の記事でおさらい

光線と健康⑤自律神経と光線

今回の6回目は、メロトニンとセロトニンの関係性をお伝えしていきたいと思います。

まず、セロトニンですが、

良く耳にするのですが幸せホルモンセロトニン!聞いたことありますか?

脳内には、何種類のもの神経伝達物質があります。

その中でセロトニンは、気分や意欲などの情動に関与していると考えられています。

その神経伝達物質セロトニンが少なくなると脳の動きが鈍くなり、集中力がかけたり、いらいらする原因となります。

セロトニンは、人に満足感、高揚感、幸福感を与える物質です。

分泌することで行動にブレーキをかける役割果たしますが、不足すると快楽行為にブレーキをかけられなくなります。

セロトニンを作る原料は食事で摂取される、トリプトファンですが、目から入る強い日光の光シグナルで分泌されます。

 

次にメロトニンですが、

ヒトや動物の一日の生体リズムは目から導入される日光による、

光シグナルによって、メロトニンの分泌や抑制が調節されます。

暗くなるとメロトニンが分泌され、睡眠を促し体を休ませ、明るくなると抑制されます。

実は、このメロトニンは目からの強い光シグナルによってまずセロトニンが作られ、暗くなるとセロトニンがメロトニンに変わり、昼と夜の生体リズムを調節をする働きをします。

近年では、昼夜問わず、人工光源や屋内生活の影響でセロトニン、メロトニン不足となり、

様々な症状を訴える方が増えてきています。

 

そういった事を踏まえてみても、この人工太陽光線のエネルギーはまだまだ、沢山の医療で活躍していくのではないかと期待されているのです。

 

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

スマホから下の画像をタッチすれば簡単に友達登録できます。


LINE ID:@bqu1220fからも可能です。

友達登録だけでは、私たち(垣副夫妻)には個人名が分かりません。


そのため、友だち登録したからと言って、


私から直接メッセージを送ることはできません。


お気軽に友だち登録くださいね!

友だち追加

LINE@友達登録でお得な情報を提供!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スーパースカルプ発毛センター行橋店
住所:〒824-0031
福岡県行橋市西宮市5丁目2‐1

行橋・久留米・北九州・下関・下曽根・苅田・みやこ・築上・豊前・上毛
吉富・中津・宇佐
福岡県全域、大分県からもご来店戴いております!

20代前半から60代後半までの男性女性の幅広くご来店して頂いております!

完全予約制ですので、安心してお越しいただけます!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇