ストレスが薄毛や抜け毛の原因となるのはなぜ?

発毛技能士ブログ
2018.8.8

いつもありがとうございます。

スーパースカルプ発毛センターの垣副です。

毎週火曜日は、店休日ということで、
昨日は、お休みを頂きました。
お休みは、家の掃除を行い、
夜は、お風呂で半身浴!

約1時間ほど半身浴を行い汗を流しました。
少しぬるいお湯の37度~38度が良いそうですよ!

体をしっかりと温めて、汗を流すことで血流が良くなりますよね。
しかも、夜はぐっすりと寝ることができ、
すごくリフレッシュできた一日となりました。

夏は、抜け毛が多くなるって本当?

 

さて、話は大きくそれましたが、
今回は、薄毛や抜け毛の原因とされている
ストレスについてその原因をご紹介していきたいと思います。

と、その前にお店に足を運んで頂いたお客様に問診表の記入を
お願いしていますが、
ほぼ全員の方が、ストレスを感じているという欄に〇つきます。
実際にどういった時にストレスを感じるのかお伺いすると、
仕事という意見が非常に多いですね。

みなさんもストレスを感じていませんか?

それでは、
ストレスがなぜ薄毛や抜け毛の原因になるのかを
しっかりとご紹介していきたいと思います。

まず、ストレスを感じることで、
血行不良が起こります。
ストレスを受けると、
緊張状態になり、血管が収縮してしまうのです。

一時的なストレスであれば、すぐに血管の状態も治るのですが、
ずっとストレスを感じることで緊張状態が続き、
血行不良となってしまうのです。

血行不良になると、体全体に栄養素が回らなくなり、
頭皮に関しても栄養が不足してしまうことで、
薄毛や抜け毛の原因となります。

次に、ストレスを感じることで、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

この皮脂が過剰に分泌されるのは、
ストレスによってホルモンバランスが崩れたことが挙げられます。

皮脂が過剰に分泌されることで、
頭皮環境が乱れてしまうので、薄毛や抜け毛の原因となります。

次に考えられるのが睡眠不足です。

ストレスを感じていると、なかなか寝付けなくて、
寝てもすぐに目が覚めてしまいます。

睡眠時間というのは、髪の成長を促すために、
すごく大切な時間となります。

要は、寝ている間(特に夜22:00~深夜02:00)に髪の毛が
成長するといったイメージです。

睡眠不足によって、
成長する時間が無くなってしまい、
薄毛や抜け毛の原因となってしまうのです。

そして、もう一つが、
亜鉛不足になるということが挙げられます。

髪の毛を構成する成分はケラチンというたんぱく質ですが、
このケラチンの合成に、
亜鉛は必要な要素になります。

しかし、ストレスを感じることで、
活性酸素という体に害のある物質が生まれてくるのですが、
この活性酸素を対処するために、
亜鉛が働きかけてしまうので、
ストレスがある方は、必然的に亜鉛が少なくなってしまうのです。

こうやって見ていくと、
ストレスが原因で薄毛や抜け毛に繋がっていることが分かります。

ストレスを解消するには、
人それぞれあると思うのですが、
食生活の見直しや、ちょっとしたマッサージ、
40度以下のお湯でゆっくりと入浴。

ウォーキングやジョギングなど
少しでも体のバランスを整える効果があることを
おすすめ致します。

一番怖いのが、
ストレス発散の為に、
お酒を飲みすぎることですね。

お酒が薄毛や抜け毛を作る原因とは?

まずは、どんな事でストレスを感じているのか、
更には、何か自分へのご褒美や目標を決めて、
楽しむことも考えてみてはいかがでしょうか?

私たちは、
頭皮のケアから発毛育毛療法、栄養士による食生活の見直し、
生活習慣の見直しをしっかりとお客様一人一人と向き合い、
しっかりとサポートしていきたいと思います。

どんな小さな悩みからでもまずは、
お気軽にご相談ください!